被害者意識

カウンセリング

地雷がバクハツ! 何気ない言葉ですぐに傷つく自分を変える方法

「傷つけられる」という言葉の一方で「傷つく」という表現もあります。自分から傷ついたのか、それとも相手に傷つけられたのか。この違いに気づくことで、あなたは上手にご自分の感情をコントロールできるようになるかもしれません。
罪悪感

傷つける? 傷つく? あなたの勘違いから抜け出すための2つの視点

「誰かを傷つけないように」って、びくびくしていませんか? そんな風に、相手への気遣いができるあなたは、素晴らしい人です。でも、そのために、息苦しかったり、自分の気持ちに嘘をついたり、必要のない我慢をしたりしていませんか?
あなたの現実・他人の現実

別の一面が見えた時、戸惑わないために

朝の海。昼の海。夜の海。同じ場所でもダイビングする時間が違うだけで、見える表情がまるで違います。明るくどこまでも広がっていたな風景は真っ暗闇に覆われて、ハンディライトの明かりに当たったものだけが、小さく浮かびあがります。
被害者意識

『同じコトを言われて傷つく人・傷つかない人』についてしゃべってみました

きっとあなたにも、誰かに言われて傷ついたコトバがあると思います。なぜ同じコトを言われても、グサグサ傷つく人と、全然平気な人がいるのか?この答えを知ることで、ぼくらはまた一つ自分を知り、ココロを軽やかにすることができます。
被害者意識

同じコトを言われても傷つく人と傷つかない人がいるのはなぜ?

なぜ同じコトを言われても、グサグサ傷つく人と、全然平気な人がいるんでしょう? この答えを知ることで、ぼくらはグサグサと刺さったココロの傷をもっと早く癒すことができるかもしれません。まずは「傷つく」というコトの意味から考えてみましょう。
スポンサードリンク