スポンサードリンク





感情って、共鳴するんです

更新日:



スポンサードリンク

感情って、共鳴するんです

今日は、「理屈じゃなく」大切な知識のお話をします。「理屈じゃなく」なので、


「咲坂さん、なーに怪しいこと言ってるんだよー!」


みたいなクレームは完全スルーします(笑)

でも、この知識がないと、あなたは相手の感情に振り回されて、必要ないケンカが増えることになります。もっと繊細な人は、自分が情緒不安定だと勘違いして、不安になってしまうかもしれません。

なので、少しだけ心を素直にして聞いてください。

あなたが素直になって……あ、素直でない前提で語っちゃってますね(笑)……これを学べば、相手の気持ちに応じた対応ができる、コミュニケーション上手になれます。

このように、知っていると知らないとでは、天と地ほどの差がつく情報です。


「咲坂さんの前置きは校長先生の朝礼なみに長いんで、そろそろ貧血で倒れそうです。早くしてくださいっ!」


……あーはいはい。行きます行きます。



伝播する感情

今日お話しするのは、「感情は共鳴する」という事実です。

相手がイライラすると、その波動が伝わって、あなたの感情と共鳴するのです。

なんだかオカルトチックな雰囲気満載なので、もう少しアカデミックな(?)テイストでお話ししますよ。

脳と感情の関係はまだ完全には解明されてはいませんが、ぼくらが何か感情を感じるとき、脳内では微弱電流が流れているんですね。

つまり、感情って電気の波動、エネルギーと深ーい関係があるってコトです。

で、エネルギーって伝播するんですよね。例えば楽器のチューニングで使う音叉。


音叉
Tuning fork / eurok



同じキーの音叉を近くで鳴らすと、別の音叉も鳴り出します。まさに、これが「共鳴」ですね。

どうやら感情も、まるで音叉と同じようにエネルギーとして共鳴するみたいです。

共鳴



感情はわかってほしい

ぼくらの深層心理は、「いま味わっているこの感情を理解してほしい」という欲求を密かに持っています。

はい、あなたが自分自身だと信じている「顕在意識」は、「ジョーダンじゃない、わかってくれなくてケッコウだよっ!」って思っているかもしれません。

でも、その顕在意識って、ココロの領域の、たった4%しか占めていないんですよ。ぼくがここでお話ししているのは、ココロの領域の96%を占める「深層心理」の方です。

そう、このハイパワーな深層心理が「いま味わっているこの感情を理解してほしい」って望んでいるんですね。

なのでぼくらは、自分の感情をエネルギーとして周りに送ります。

そしてそれをキャッチして共鳴した人は、理由もわからずに同じ感情を味わうことに
なるワケです。

たとえば、あなたが帰宅すると薄暗い部屋にパートナーが無言で座っているとしましょう。


薄暗い部屋にパートナーが無言で座っている
Sunday Night / Hamish Duncan



あなたが「どうしたの?」って聞くと、「なんでもない」って答え。5分も経つと、なぜかあなたはイライラして来ました。

そんな経験はありませんか?

実は、以前の結婚で、ぼくはしょっちゅうありました。

で、ぼくがイライラすると必ずケンカになる(苦笑)


スポンサードリンク

まー当時はワケもわからなかったのですが、このイライラ、実は相手の感情だったんです。


「咲坂さん、そんなの実生活でよーくある話だけどっ、それを知ってどーしろとっ?」


……あ!感じましたよ。

あなた今、イライラしてますね(笑)

じゃ、どうするかって話ですが、さっそくこんな風にエクササイズしてみましょう。



『STEP1』

まず、あなた自身の気持ちがニュートラルであることを確認して下さい。そもそもはじめからあなたがイライラしていたなら、それはあなたの感情です(笑)

OKですか?



『STEP2』

誰かと一緒にいてイライラしたり、気まずくなったり、しょんぼりしたりした気持ちになってきたら、自分自身にこう言い聞かせてクダサイ。

「これは相手が今感じている気持ちで、私のじゃない。」

その気持ちが自分の感情ではないことを自覚できれば、相手の感情に振り回されるのを防ぐことができます。



『STEP3』

なぜ相手の方はそんな気持ちなのでしょう? ちょっと想像してみましょうか。

もしかしたら、あなたに対してさみしいとか悲しいとかいう気持ちを感じているのかもしれません。そうだとしたら、それはあなたのことを大好きだからです。

あるいは、その感情はあなたに向けられたものではないかもしれません。そうだとしたら、あなた自身が責められていると感じる必要はありませんよね。

いずれにしても、その方は、今あなたが味わっているその感情を、あなた以上に感じているはずなんです。

そんな想いで一杯のその方のお気持ち、あなたはどう感じますか?



『STEP4』

もしできることなら、相手の方に一言かけてあげてください。いえ、むずかしいコトなんか、伝える必要はありませんよ。

「しんどいね……。」

そんな一言だとしても、感情が共鳴して理解できたんだから、説得力があるはずです。




エクササイズは以上です。

あなたがこんな風に接してあげられたら、その方も少しだけ落ち着くと思いますよ。

だって、覚えていますか? その方の深層心理は、その気持ちをわかって欲しかったんですから。

そうそう、言い忘れていたコトがあります。

相手の方の感情を一緒に感じることができたあなたは、「つながる」というコトを、カラダで理解している人です。

それは、あなたがココロのアンテナを必要以上に下げたりしていない証拠。

あなた自身のコト、ちょっと見直してあげてくださいね。

あなた自身を見直してあげてください。




さて、あなたはこんなコトを知りたいと思いませんか?

  • ケンカになりにくいコミュニケーション術
  • 悪い予感がよく当たるヒミツ
  • やたら攻撃的な人への上手な接し方
  • 人間って死んだらどうなっちゃう?

そんな疑問にお答えした音声ファイルを4本作りました! メルマガを購読していただくだけで全部あなたに差し上げちゃいます。

『イカナルメルマガ』は、どうやって行動したらあなたの現実を変えてココロを軽やかにできるか、わかりやすくお伝えします。

もちろん、いつでも購読解除もできますので、こちらからご購読を!
メルマガ登録

※ケータイやスマホの方、受信許可設定をお忘れずに!


今日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

咲坂好宥




スポンサードリンク

-あなたの現実・他人の現実
-, , , , , , ,

Copyright© イカナル.com , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.