無価値感

無価値感

みにくいアヒルの子であれ白鳥の子であれ、あなたに関して忘れてほしくないある事実

あなたは今、目の前にある出来事や、何かの課題や、人間関係にあせったり、がっかりしたりしていますか? もしそうだとしたら、この事実を忘れないでほしい……そんな想いを、動画にしました。
無価値感

あなたの役を演じられるのはあなただけ

なにも夜空の星だけが宇宙じゃありません。宇宙は全てのパーツが揃って初めて調和します。あなたもぼくも、宇宙を構成するパーツ。だからどんな物体にも、どんな命にも、それぞれ意味がありますよ。
無価値感

誰かの人生でなく

周りと自分を比べて焦ったり、無理して周りに自分を合わせたり、そうして自分を嫌いになったり。そんな風に自分を見失ってしまうコト、ありませんか?こんな気持ちなんて、何の役にも立たないけれど、きっとぼくらから消え去ることはないのでしょう。
無価値感

肩に力、入ってますよ

あなたが常に一番である必要はありません。常に正しくある必要もありません。だってそんな人、いませんから。「そんな風に見える」人はいますけど、そんな人、いませんから。
無価値感

自分をバカ呼ばわりするあなたへ。

「あたしバカだから」「俺なんかバカなんで」。こんな言葉を聞くと絶望的になります。だって、「バカだから」と言ってしまえばそれでおしまいで、他の原因を探ることもなく思考停止だから。最悪だけど最高の逃げ言葉。だからぼくは、別の表現を提案します。
無価値感

あなたは、あなた以上でもあなた以下でもありません。

色んな人間関係で、あなたはいい人になろうとしたり自分をもっと大きく見せようとしたりしていませんか? どれだけ嫌おうが理想とかけ離れていると失望しようが、残念ながら今はあなた以上のものではありませんよね。でも人間は変わるコトができます。
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました