罪悪感

相手に嫌われずNoと言える最強の断り文句


相手に嫌われずNoと言える最強の断り文句

あなたは、人から何か頼まれたり、ご厚意
で何かしてくれたりするコトが、あなたの
望みとは違う時、ハッキリ断れますか?

コレ、なかなかむずかしいですよねぇ。

今日はそんなシチュエーションについて
掘り下げてみたいと思います。

このコトを深く理解しないと大変です。

セールスマンからは死ぬ程モノを売りつけ
られ、しょーもない異性に付きまとわれ、
人生を全くコントロールできないまま、
この世を去ることになるかもしれません。

逆にこれを知っていれば、いらないものは
いらないと宣言することができ、なおかつ
相手からも嫌われません。

魅力的でしょ?

どうぞガシガシ使って、ステキな人生を
お送りクダサイ。

では早速、解説から始めましょ。


【断れない人の心理】

依頼や申し出をうまく断れない人のココロ
の中には、ある方程式があります。

「断る = No + 嫌われる」

まあ多かれ少なかれ、誰のココロの中にも
あるものだとは思います。

ただ、断れないタイプの人ほど、これと
似ているもうひとつの方程式が、強烈に
すり込まれているみたいです。

その方程式とは、


スポンサードリンク

「断る = No + 傷つける」

です。

つまり、自分が断ることで、相手の人を
傷つけてしまうのではないか、という怖れ。

だから、申し訳なくて断れないのかも
しれません。

断ることで相手を傷つけてしまうのではないか?


【実はぼくもそうでした】

以前のぼくは売り込みや勧誘はサクッと
断れたんですが、友達からのお願いゴトが
なかなか断れませんでした。

「断ったら傷つけてしまう」と思うと、
どうしても断れずに、自分の状況も
顧みず引き受けちゃう。

その結果、友達より自分の方が大変に
なっちゃったりして(苦笑)

異性からの「付き合ってください」系も
弱点でした。

やっぱり、「断ったら傷つけてしまう」と
思うと、取りあえず付き合っちゃう。

「付き合ってみないとどんな人かわから
ないから・・・」なんて言い訳を自分自身に
していましたねぇ。

でもホントにそう思っていたワケじゃなく、
ただ断ることが怖かったのだと思います。

知り合いが厚意で何かしてくれるっていう
申し出も、断りにくかったなぁ。

完全にありがた迷惑なのに(苦笑)

ありがた迷惑
no thanks. / GYLo



【「申し訳ない」という想い】


スポンサードリンク

「あーっ、咲坂さん、あたしもそう!
 それでいつもいろんなコト背負い
 込んじゃうんだ。」

うわー、あなたもそうでしたか・・・。

どうもこのパターンの人って、相手からの
依頼や厚意からの申し出を断ると、

■相手を傷つけることになる
■相手に迷惑をかけてしまう
■冷たい自分は嫌われてしまう

こんな思考パターンに入り込んで
しまうのかもしれません。

どうやらぼくらは、自分のことを嫌いな
分だけ、うまく断れなくなってしまう

みたいです。

でも相手の人って、本当に傷ついたり
迷惑に感じたりしているのでしょうか?


【相手の想い】

本当に傷ついたり迷惑に感じたりしている
かは、本人に確認しないとわからないので
心理分析を使って想像してみましょうか。

相手の方があなたに望んでいるのは、

■自分の依頼を聞いてほしい
■自分の厚意を受け取ってほしい

といったコトですよね。

では彼らのココロの奥底、つまり自覚して
いない深層心理が望んでいるのはどんな
コトでしょう?

それは、程度の差こそあれ、
次のようなものです。

■「私と仲良くしてほしい」
■「私を愛してほしい」
■「あなたの役に立ちたい」
■「あなたに認めてほしい」
■「私を助けてほしい」


根っこにあるのは大体こんな感じなんです。

つまりその人、思いっきりザックリ言っち
ゃえば、あなたのことが好きなんですよ。

だから、あなたは自分のことを迷惑だとか
嫌われるとか、そんな風に考える必要は
ない
んです。

注意すべきなのは「伝え方を間違えない」
コトだけ。

誤解が起きにくい伝え方さえできれば、
あなたは誰も傷つけませんし、迷惑も
かけないし嫌われもしません。

あなたは誰も傷つけませんし、迷惑もかけません。


【妖刀村正メソッド】

じゃ、どうしたら「申し訳ない」と
感じないでうまく断ることが出来るか、
お話ししましょうね。

「咲坂さん、今日もステップいくつ・・・
 とかいうのがあるなら、余計な話は
 やめて、さっさと教えてよ!」

あーはいはい。(つまんねーの。)


スポンサードリンク

でもまー、ご要望にお応えして、今日の
ところは早速、簡潔でシャープに、かつ
味わい深くココロに響くようなテイストで、
もう引っ張るのはやめて今すぐ・・・(略)

・・・では、誰の頼みやご厚意の申し出でも、
「妖刀村正」でスパっと斬ったみたいに
お断りできる方法をお話ししますね。

妖刀村正
Photo by Ihimutefu

名付けて、「妖刀村正メソッド」!
(完全にそのまんま)


『STEP1』

まず、次の事実をしっかりアタマに
叩き込んでください。

「断ることそれ自体」で、相手が
傷つくことはありません。

相手が傷つくとすれば、それは
「No」の解釈の問題です。

それがあなたの伝える技術の問題なら
この「妖刀村正メソッド」で解決です。

厄介なのは、相手の解釈の仕方って
場合ですよね。

あなたにそんなつもりがなくても、その人
の色眼鏡、つまりココロのフィルターが
傷つけられたように解釈しちゃう
ワケで。

それは、その人のココロの傷によるもの
かもしれませんが、ハッキリ言います。

それはその人の問題なのであって、
あなたは悪くありません!

あなたは、あなた以外の誰の人生も、
背負う必要はないんです。

それを背負うことで、あなた自身の人生が
ハッピーでなくなるのなら、ロクデナシ
ですよ、あなた。

あなたは最低限、あなたの人生をハッピー
にする責任がある
んですから。

詳しくは、『他人の問題を背負いこまない
方法』
をご覧くださいね。

ここまではOKですか?


『STEP2』」

相手がご厚意で申し出てくれたけれど
やむを得ず断る時、「ごめんなさい」
「すみません」を使わないでください。

使うのは、必ず「ありがとう」です。

ご厚意で申し出てくれた時の相手の
ココロの奥底を思い出してください。

「あなたの役に立ちたい」でしたよね。

なぜかといえば、あなたのことが大好きで
「私と仲良くしてほしい」「私を愛して
ほしい」と思っているからです。

こんな気持ちを持ってもらえるなんて、
うれしいと思いませんか?

それなら、伝えるのは「ごめんなさい」
「すみません」という謝罪のコトバでは
ないですよね。

そう、感謝のコトバです。

「No, sorry.」じゃなくて、
「No, thank you.」

「心配してくれてうれしいよ!
 ホントにありがとう。」


『STEP3』

相手があなたにお願いをしてきたのに、
やむを得ず断る時は、「ごめんなさい」
「すみません」を使ってもOKです。

ただ、個人的には違うことを伝えた方が
いいんじゃないかな、と思っているんです。

相手のココロは、「私を助けてほしい」
「私を愛してほしい」と感じています。

その気持ちに答えられないのは決して
「罪」ではないので、謝罪のコトバじゃ
なくてもいいと思うワケで。

あなたが感じているはずの本当の想いって
何でしょうか?

「力になれなくてすごく残念だなぁ。」
「なんとかうまく行って欲しいな。」
「応援しているよ!」

みたいな気持ちですよね?

それならそれを伝えた方が、あなたの
気持ちが届くのではないでしょうか。


『STEP4』

断る時、主語は「あなたは」ではなく
「私は」を使うように意識しましょう。

「あなたは」で話し出すと、この方の
コンプレックスやココロの地雷を変に
刺激しちゃうコトがあるからです。


「妖刀村正メソッド」は以上です。

「ありがとう!でも実はもう予定が
 入っちゃっているんだ。
 誘ってくれてうれしかったから、
 今度はこっちから誘ってもいい?」

みたいに話をつなげて行けば、相手は
傷ついたりしないどころか、むしろ
喜んでくれるかもしれません。

ただし、ウソやお世辞はやめときましょね。
必ず破綻しますから・・・。

ありがとう
Thankful / Hryck.



さて、あなたはこんなコトを
知りたいと思いませんか?

■ケンカになりにくいコミュニケーション
■悪い予感がよく当たるヒミツ
■やたら攻撃的な人への上手な接し方
■人間って死んだらどうなっちゃう?

そんな疑問にお答えした音声ファイルを
4本作りました。

メルマガを購読していただくだけで
全部あなたに差し上げちゃいます。

『イカナルメルマガ』は、どう行動したら
あなたの現実を変えてココロを軽やかに
できるか、わかりやすくお伝えします。

もちろんいつでも購読解除もできますので、
こちらからご購読を。

※ケータイやスマホの方、受信許可設定を
 お忘れずに。

今日も最後まで読んでくださって
ありがとうございました。


スポンサードリンク

咲坂好宥


スポンサードリンク



comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スポンサードリンク






深層心理分析やコーチングなどを使った、人生の迷宮脱出ガイド。かつては「自分には愛される価値なんかない」という思い込みから人生がうまく行かず、借金苦、依存症、離婚など、どん底を経験。しかし、父の死や前世療法などの体験を通して、自分の価値を思い出す。その後、同じように人生の迷宮に入り込んでいる方々が、ココロを軽やかにして前に進むためのガイドを務める。出来事の解釈を変え、やる気と底知れぬ可能性を思い出すセッションを得意とする。

プロフィール詳細