引きずってしまう性格!? 過去の恋や傷を吹っ切れない心理と対処法

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

引きずってしまう性格!? 過去の恋や傷を吹っ切れない心理と対処法

喧嘩、失恋、仕事の失敗、別れ、嫌なこと、元カレ、元カノ……。人間の性格はまさにひとそれぞれで、過去のつらい出来事をきれいサッパリ忘れることのできる人もいれば、いつまでも引きずってしまう人もいます。

どっちが良い悪い、正しい間違っているということは決してないんですが、引きずるというのは本人にとってその出来事が未完了だってこと。この未完了の出来事が残っているのは、ぼくらの脳の働きにとってはあまりうれしくないみたいです。

人間の脳をPCにたとえるという表現は脳科学的には正確とはいえませんが、まーわかりやすいので使っちゃいましょうか。PCでメモリが一杯になるとテキメンに処理速度が遅くなってポンコツになりますよね。

過去の未完了の出来事がたくさんある人のアタマの中をPCのデスクトップでたとえるなら、ChromeとExcelとWordとPowerPointとOutlookと動画アプリがいっぺんに立ち上がっているときにAdobeの何か(苦笑)を起動したようなもの。

スマホなら天気アプリもTwitterもChromeブラウザも乗換案内も課金クソゲーもYouTubeも全部立ち上げたまんまで自撮り画をプリティに編集しよう状態です。

今この瞬間はそれぞれのアプリを使っていなくても、がっつりメモリを食うのでもっさりしちゃうわけですね。

過去の出来事を引きずるということは脳のメモリを無駄遣いしているのに似ていると言えます。だから、あなたが前に進むためには、とっとと決着して「次行こう次」ってなったほうが早そうですね。

ただ、あなたが早く吹っ切って前に進みたいと考えても、深層心理がここから一歩も動きたくないと駄々をこねている場合もあるので厄介です。

そこで、ぼくは次のような方法をおすすめします。

  • 『STEP1』
    過去のその出来事を忘れるか、完了するか、ご自分で宣言してください。
    もちろん、宣言した以上はきっちりやり切りましょうね。

  • 『STEP2』
    忘れる場合は、関係するものを全部捨てましょう。そして、一切そのことには触れない。記憶にもアクセスしない。
    はじめからなかったことにしてください。

  • 『STEP3』
    完了する場合は逆に、その気持ちを味わい尽くしましょう。
    ぼくらは痛みや嫌なことを感じるのはつらいし苦しいですから、その感情と直接向き合うことを避ける傾向にあります。

    だから、いつまでたっても消化不良なんです。その気持ちの炭が燃え尽きるまで、しっかり感じ切ってあげましょう。


  • 『STEP4』
    過去の出来事は実は無色透明で、それ自体に良いも悪いもありません。そこにぼくらが主観というフィルターを通して悲しい、つらい、苦しい、ひどい……などの色をつけているのです。

    それらの出来事の中には、ぼくらが解釈を変えることで、今までとは全然違う見え方をするものもあります。過去の解釈が変わるような、ちょっと違う角度からその出来事を見つめ直してみませんか?



たとえばぼく自身の離婚の経験は、その当時は怒り、悔しさ、悲しみ、後悔、罪悪感、無力感といった強烈にネガティブなものばかりでしたが、時の流れの中で、印象がガラッと変わっていきました。

だって、あの出来事がなかったら心理カウンセラーにはなっていなかったでしょうし、人としての学びも幸せがどういうものかの気づきも、そして今の結婚もなかったでしょうから。

ぼく自身を大きく変化させてくれたギフトだったのです。

そう受け止められるようになったら、あの離婚の出来事にはもう感謝の気持ちだらけです。

同じ出来事を違う側から見てみたら、違う解釈ができるのです。

コツは、「例外はないか探す」です。

過去のその出来事にあなたが感じている気持ちがあるなら、いつでも必ず絶対に100%その気持ちが当てはまるのか、自ら質問してみてください。

これうまくいかないなーというあなた、そんな作業をお手伝いするカウンセリングもやっていますのでぜひご利用くださいね(さりげない宣伝)

心理分析カウンセリング
心理分析カウンセリングは、お友達に相談するのとは違って、あなたの気づかない深層心理に徹底的にフォーカスします。いくつか質問をしながら、あなたの深層心理にあるものを探っていきます。

相手に対するわだかまりをどう解消したらいいかについては、↓のQ&Aにて触れていますので取り組んでみてください!


Question=====
【相談者:30代女性】

4年前に別れた元彼のことをずっと引きずっています。その彼とはいろいろあって私が自分の気持ちをコントロールできなくなってしまい、何もかも途中で投げ出してしまったような形で終わらせてしまいました。

あれからずいぶん経ってしまい、今さらやり直せないのは自分でもわかっていますし、そうしたいとも思っていません。

でも、彼のことを引きずってしまって次の恋愛に進めずにいるのは、やっぱり心のどこかで未練を感じているからでしょうか。だとしたら情けないです……。

========


A.未完了の思いを完了させてあなたの心を解放してあげましょう

日常の迷宮脱出ガイド、心理分析士の咲坂好宥です。

キレイな別れであれ修羅場であれ、過去の恋愛というのはハッキリけりをつけることで気持ちの整理がつくものなのかもしれません。

でも、それができなかったあなたの4年間、とてもおつらかったことと思います。

そこで早速、あなたのそのモヤモヤしたお気持ちがなぜそんなに長いあいだ引きずられているのか、そしてどうしたらスッキリして前に進めるのか、順を追って見ていきましょう。



『ツァイガルニク効果』という罠にはまっていませんか

あなたのココロは、やり残して未完了のままスイッチを切れない状態がずっと続いているようなもの。でも、それは未練というのとは少し違うのかもしれません。

なぜって、未完了な状態というのは引きずるものなのです。まさにそのような心理実験がありますのでご紹介しますね。

旧ソ連の心理学者ブルーマ・ツァイガルニクは、被験者にいくつかの簡単な課題に取り組ませた後、それらの課題が何だったのか思い出させるという実験を行いました。

ツァイガルニクは被験者を2つのグループに分け、片方は最後まで課題を終わらせるようにし、もう片方は終わりそうになると寸止めでやめさせて次の課題に移らせました。あーこれ、モヤモヤしますよね(苦笑)

そして、全ての課題が終わったあと、「今やった課題って何だったっけ?」と質問したのです。その結果、寸止めでモヤモヤしたグループの方が課題を答えることができた人が2倍くらい多かったのです。

この実験結果からわかるのは、人は達成できなかったり中断していたりする事柄のほうが、達成できたり完了したりした事柄よりもよく覚えている、ということです。

この心理メカニズムは『ツァイガルニク効果 』と呼ばれています。

あなたがまだ彼のことが好きで忘れられない、他の人のことが目に入らない……というのなら、それは未練かもしれません。

でも、ご相談内容からするとそんなこともないようです。きちんと終わらせることができなかったために4年間も引きずってしまったあなたの恋愛、ツァイガルニク効果にはまっているのではないでしょうか。

達成できなかったり中断していたりする事柄のほうが、達成できたり完了したりした事柄よりもよく覚えている



未完了のタスクを終わらせる、ということ

では、一体どうしたらここから抜け出せるのかということですが、そのための秘訣をお話する前にもう少しだけ心理のお話を続けますね。

実はツァイガルニクの実験は、ドイツの心理学者クルト・レヴィンの概念に基づいて行われたものでした。

その概念とは、“人は目標が達成されていない状態では緊張感が生じて持続するが、目標が達成されると緊張感は解消する”というものです。

たとえば、あなたが飲食店のフロアで注文を取る仕事をしているとしましょう。1番テーブル、3番テーブル、5番テーブル、7番テーブルのお客さんから注文が出ています。

これらの注文って、鮮明かぼんやりかはさておき全部頭の片隅に未完了のタスクとして残っていますね。料理を出すのを忘れないようにしなきゃ……という緊張感もあります。

そして、1番テーブルのお客さんに料理を出したら、完了ということでその分だけ頭が解放されてちょっとだけホッとするのではないでしょうか。そう、未完了だからずっと頭の片隅に残っているのです 。

ツァイガルニク効果を抜けだして前に進むためには、未完了なものをなくすこと、つまり、彼とのことを完了させるのが一番なのです。もちろん、どうやって完了させるのかはあなたのココロによりますよね。

ほんの一例ですが……

  • 宙ぶらりんに投げ出してしまったことを謝ることが必要なのかもしれません。
    「ごめんなさい」が言えたらどんなに楽か、ってこと、ありますよね。もし相手に謝ることができる環境なら、勇気を出して謝ってみるのは超強力です。

  • あるいは、幸せで楽しかった時間をくれたことに感謝することが必要なのかもしれません。
    もしかしたら、あの時間があったからこそ今のあなたがあるのではありませんか?

  • そして、きちんとお別れを告げることが必要なのかもしれません。
    「さようなら」は切ない言葉ですが、その切ないケジメをつけてはじめて、前に進めることもあります。



ご自分のココロにどうしたいのか質問してみてください。

もちろん、あなたからの連絡を受けるのも受けないのも彼の自由であることをお忘れなく。嫌がる彼にしつこく付きまとうとなると、かなり問題ですよね(苦笑)

相手が接触を避けている場合でなく、そもそも物理的に連絡が取れないこと、あるいは直接合うのなんて気持ち的に無理なんてこともありますよね。

そんなときに、超おすすめの方法があります。それは「手紙を書くこと」です。

いえ、投函しなくてもいいんです。出すことのない手紙、誰にも読まれることのない手紙だとしても、あなたの気持ちを吐き出すことで十分効果がありますよ。

ぜひ、行動を起こしてくださいね。彼との思い出にけりをつけて、新しい一歩が踏み出せますように!

投函しなくていいので手紙を書いてみましょう


恋愛Jp





さて、あなたはこんなコトを知りたいと思いませんか?

  • ケンカになりにくいコミュニケーション術
  • 悪い予感がよく当たるヒミツ
  • やたら攻撃的な人への上手な接し方
  • 人間って死んだらどうなっちゃう?

そんな疑問にお答えした音声ファイルを4本作りました! メルマガを購読していただくだけで全部あなたに差し上げちゃいます。

『イカナルメルマガ』は、どうやって行動したらあなたの現実を変えてココロを軽やかにできるか、わかりやすくお伝えします。

もちろん、いつでも購読解除もできますので、こちらからご購読を!

イカナルメルマガとは?
イカナルメルマガは、どうやったら現実を変えてココロを軽やかにできるか、心理分析の視点からわかりやすくお伝えする無料メルマガです。購読特典の音声プレゼント中。

※ケータイやスマホの方、受信許可設定をお忘れずに!


今日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

咲坂好宥



 

コメント

関連コンテンツ

 

タイトルとURLをコピーしました