スポンサードリンク





重すぎない? 考えすぎる“こじらせ女子”が生まれ変わる軽やかな恋の作法

更新日:



スポンサードリンク

重すぎない? 考えすぎる“こじらせ女子”が生まれ変わる軽やかな恋の作法


「こんなことを言ったら嫌われないか」とか「重く受け止められないか」とか、そんな怖れのせいで気持ちをうまく伝えられないこと、あなたにはありませんか?

パートナーであれ友人であれ、それが大切な人であるなら、その怖れのずっと下の方にあるのは、全人類共通のある思いです。

それは、超シンプルな「愛してほしい」という気持ち。人間は愛されたいからこそ、本能に任せることなくあーでもないこーでもないと悩むワケですから。

でも、あなたを嫌うかどうか、重く受け止めるかどうかを決めるのはあなたではなくその人ですし、何が決め手になるかわかるのもその人だけですよね。

ってことは、いつまでたっても100%完全な対策なんて取れないってこと。

だったら、「嫌われたくない」って気持ちよりも、「仲良くしたい」ってパッション(笑)を大事にしてみませんか?


Question=====
【相談者:20代女性】

バイト先の先輩を好きになりました。

彼女はいないみたいなので、もっと仲良くなって、できれば付き合ってほしいのですが、「こんなこと書いたら嫌われるかな」とか「こんな時間にメールしたら変かな」とか色々考えすぎてしまってメールもうまく送れません。

もっと気楽に接したいのですが、どうしたらいいでしょうか。

========


考えすぎて行動しないのなら、状況は絶対変化しません

迷宮脱出ガイド、心理分析士の咲坂好宥です。

サッと行動できないご自分に、もどかしさをお感じなんですね。

あなたのご相談を読ませていただいて、日本テレビ系列で放映していたドラマ『きょうは会社休みます。』を思い出してしまいました。

綾瀬はるかさん演じる、“彼氏いない歴=年齢=30歳”の主人公・花笑が、いちいち余計なことを考えてややこしくしてしまう“こじらせ女子”ながらも、精一杯恋愛するっていうストーリーの人気ドラマでした。

たとえば、日本テレビのウェブサイトから第3話のストーリーを抜粋すると、

『30歳にして晴れて初彼氏ができ、浮かれる花笑(綾瀬はるか)だったが、今度は、「重い女にならないように」という朝尾(玉木宏)の忠告を気にするあまり、“軽やかな女”を目指して、自分の行動が重くないか、いちいち立ち止まってしまう……』

というような内容でした。

ドラマでは、メールの1文1文にまで、「重くないか?」と考えたり、彼氏が仕事で段ボールに物を入れようとしているのを見て、「あの箱では小さすぎる」と大きめの段ボールを組立てはじめるものの、「ここで段ボールを渡したら重い女かも?」とやめたり……。

どうでしょう、なんとなくあなたとイメージが重なってしまいましたが、当たらずとも遠からずではありませんか?



あらゆる問題を考えすぎるとフリーズする

ここで、『フレーム問題』という、人工知能に関する有名な難問をご紹介したいと思います。

洞窟の中にロボットを動かすバッテリーがあって、その上に時限爆弾が仕掛けられている状況を想像してみてください。

このままでは爆弾が爆発し、ロボットが動かなくなってしまうので、このロボットは、「洞窟からバッテリーを取り出してくること」を指示されたわけです。

これに対して初期型のロボットは、洞窟に入って無事にバッテリーを取り出すことができたのですが、何も考えず爆弾も一緒に運び出してしまったため、洞窟から出た後に爆弾が爆発してしまいました。

そこでロボットの人工知能を、副次的に起こり得ることを考慮するように改良しました。


スポンサードリンク

でも、今度は洞窟に入ってバッテリーの前に来たところで止まってしまい、そのまま時限爆弾が作動して爆発してしまいました。

「天井が落ちて来ないか」とか「壁の色が変わらないか」とか、どうでもいいことまで考え始めてしまい、頭ぐるぐるの無限ループに入り込んでしまったのです。

そこで今度は、目的の遂行に無関係なことは考慮しないように改良した人工知能ロボットを開発しました。

しかし、このロボットは洞窟に入る前に止まってしまいました。

洞窟に入る前に、目的と無関係なことを全て洗い出そうとして、またもや頭ぐるぐるの無限ループに入り込んでしまったのです。


あらゆる問題を考えすぎるとフリーズする
A close up of R2-D2 / Sam Howzit




見返りを求めすぎず、他の誰かでないあなたそのものをぶつける

「こんなことを言ったら嫌われないか」「重く受け止められないか」……そんな風に考えてしまう気持ちは誰にでもあると思います。

ただ、その気持ちが必要以上に大きくなると、身動きが取れなくなってしまいますよね。『フレーム問題』の人工知能ロボットのように。

もしかして、あなたはこのロボットのように大勢に影響のないことや、ほとんど無関係なことまで心配していませんか?

「こんなことを言ったら嫌われないか」「重く受け止められないか」……そんな怖れのせいで気持ちをうまく伝えられないとき、その怖れの向こう側にあるのは、「愛してほしい」という気持ちだと思います。

それは誰にでもあるものですが、この気持ちが強すぎると、まるで気持ちを伝えることで、「愛してくれる」という“見返り”がセットでついて来ないといけないような感覚に陥ってしまうのかもしれません。

そうすると、その見返りが得られない事態にならないように、「天井が落ちて来ないか」とか「壁の色が変わらないか」とか、どうでもいいことを考え出してしまうワケです。

ただ、どれだけ期待しても、どれだけ人工知能が可能性を考えても、あなたの好意に対する彼のお返しは彼にしかわからないもの。

何も考えないというのも考えものですが、“他の誰か”を演じるのではなく、あなたそのものをぶつけてみる覚悟をしてみませんか。

無事に洞窟を抜け出して、彼と仲良くなれますように!


“他の誰か”を演じるのではなく、あなたそのものをぶつけてみる
Phoenix Cave Guardian / iAM Peterson








さて、あなたはこんなコトを知りたいと思いませんか?

  • ケンカになりにくいコミュニケーション術
  • 悪い予感がよく当たるヒミツ
  • やたら攻撃的な人への上手な接し方
  • 人間って死んだらどうなっちゃう?

そんな疑問にお答えした音声ファイルを4本作りました! メルマガを購読していただくだけで全部あなたに差し上げちゃいます。

『イカナルメルマガ』は、どうやって行動したらあなたの現実を変えてココロを軽やかにできるか、わかりやすくお伝えします。

もちろん、いつでも購読解除もできますので、こちらからご購読を!
メルマガ登録

※ケータイやスマホの方、受信許可設定をお忘れずに!


今日も最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

咲坂好宥




スポンサードリンク

-カウンセリング
-, , , , , , ,

Copyright© イカナル.com , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.