カウンセリング

カウンセリング

彼に嫌われるかも!? 恋人への過度な依存から抜け出す3ステップ

他人に対する過度な依存は、泣きさえすれば何でも世話してもらえた赤ちゃんの頃に対する執着であることが多いんです。その頃に満たされなかったのか、あるいはその後の成長過程で急に「与えられない、愛されない」といった感覚を持ったのかもしれません。
カウンセリング

イケメンは損!? 強みを活かしてモテ男に変身するための5STEP

いい出会いや誰かステキな人が現れるのを待っている人生や、仕事でもいつかチャンスが来るのを待っている人生って、自分の人生を他者に委ねるのと同じです。あなたが主体的に行動しなければ、何も変わらなくて当たり前なのです。
カウンセリング

告白してオッケー? 好きな精神科医への後悔しない対処法

フロイトは、患者さんが自らにとって過去に重要だった人に持った感情を、目の前にいる治療者に貼り付けて感じることがあると気づきました。これを「転移」と言います。「転移性恋愛」は、この転移の結果として患者さんが治療者に恋愛感情を抱くことです。
スポンサードリンク
カウンセリング

心の糸がプツン! 失恋後の“燃え尽き症候群”から再生する方法3つ

犠牲的なまでに自分に厳しく頑張ってきた人ほど、うまく行かなかったときボロボロに燃え尽きてしまうようです。ただ、この人生はRPGなのです。無理して魔法を使いすぎてMPがゼロになったとしても、全回復できるのです。燃え尽きもおんなじです。
カウンセリング

またドタキャン! デートより仕事優先な恋人への怒りを整理する方法2つ

あなたは「いつも○○だ」という表現をよく使いませんか? 「いつもうまく行かない」とか「いつも裏切られる」とか、そんな風に。もしそうなら、この言葉があなたの現実を苦しいものにしてしまっている可能性があります。例外は記憶されにくくなるからです。
カウンセリング

自分ルール多すぎ? 恋人へのダメ出しをやめて大らかになる方法

他人にダメ出しすることが多い人の中には、「自分に優しく他人に厳しい」なんて言われる人も少なくないですよね。でも、そういう人って実は同じくらい自分にもダメ出しをしているんです。つまり、「他人にダメ出しする人ほど、自分が嫌い」なわけです。
カウンセリング

コレクションが邪魔! “収集癖”がある男の心理とやめさせ方

コンプリート、超レアもの、数量限定…。こんなコトバにビクンと反応してしまうあなた、もしかして収集癖がありませんか? 一体なぜ人はわけのわからないものをコレクションするのでしょうか。
カウンセリング

重すぎない? 考えすぎる“こじらせ女子”が生まれ変わる軽やかな恋の作法

「こんなことを言ったら嫌われないか」とか「重く受け止められないか」とか、そんな怖れのせいで気持ちをうまく伝えられないこと、ありませんか? 相手が誰であれそれが大切な人なら、その怖れのずっと下にあるのは「愛してほしい」という気持ち。
カウンセリング

恋人に「もっともっと」愛情を求める心理から抜け出すアクション3つ

人に対する願望があまりにも強くなりすぎると、いくらほしい結果が得られても「もっと、もっと」と際限なくなることがあります。でも、今感じている「もっともっと」という『期待』って、実はもっと昔に味わった不足感の埋め合わせなのかもしれません。
カウンセリング

怖れず進め! 失恋のトラウマから次の一歩を踏み出す方法3STEP

「怖れ」って自分の外側からやってきてぼくらを脅かすもののように感じますよね。でも実際は、怖れというのはぼくらの内面から湧き上がってくるものなんです。自分自身の思考に怯えている、というのがピッタリな表現かもしれません。
カウンセリング

ダメ出しにうんざり! いつも“上から目線”な彼女の心理と付き合い方

あなたの周りに、上から目線であなたの行動を判定する人はいませんか?あなたはその人のダメ出しや批判にうんざりしているかもしれません。でも、他人事の立場に自分を置き正論であなたを批評することで、その人は自分自身の問題から目をそらしているのです。
カウンセリング

ケンカ別れで暴言連発! 傷つけてしまった元カレへの後悔を消す方法

対人関係の嫌な出来事であなたは傷つけられたのでしょうか。それとも傷ついたのでしょうか。この違いを腑に落とすことが、「被害者でい続ける」か「自分の感情の責任者になる」かという、幸せに生きるためのものすごく重要なヒントになるのです。
カウンセリング

マリッジブルーかも? 結婚前の不安を解消する方法4STEP

自分の選んだ道が正しかったのかどうか、迷いが生じたり不安になったりすること、ありますよね。そんなときは、「正解は一つじゃない」という大原則に立ち返るのが一番。そして、「自分が選んだこの道を正解にするためにはどうしたらいい?」と考えましょう。
カウンセリング

コワくて本音が言えない! 威圧的な態度をとる恋人の心理と対処法

威圧的、攻撃的な態度で他人をコントロールしようとする人の本質って、あなたがイメージしているものと全然違うかもしれません。その本質を知ってその人との向き合い方を変えることで、ひょっとしたらその人との関係性までもが変わるかもしれません。
カウンセリング

執念深すぎ!? 彼女の怒りがいつまでも収まらないワケと対処法2つ

怒りを感じてもすぐにケロッと収まる人、いつまでも炭火のようにくすぶり続ける人……感じ方も収まり方も人それぞれですよね。怒りの処理の仕方に個人差がある以上、自分と同じペースでの処理を相手に求めるのには無理があります。
カウンセリング

八つ当たりして後悔! 気分ムラの激しい女子が彼氏に優しく接する3STEP

「イライラ」って、できれば感じたくない気持ちです。でも、この「イライラ」も「うれしい」と同じように“サイン”なんですよね。ぼくらの感情に無意味なものはありません。感情というのは人生の“羅針盤”みたいなものだからです。
カウンセリング

ラブラブなのに何故? 女性が不安を感じやすい理由と安心させるポイント3つ

「当然相手はこう感じるだろう」「当然わかってくれるだろう」というのはただの思い込み。育ってきた環境から価値観から思い込み・信念に至るまで違う人生を歩んできている以上、基本的にはどんな人とも「異文化コミュニケーション」なんです。
カウンセリング

実は深いワケが!? その場しのぎのウソを繰り返す人の心理と対処法

一般的に使われる『罪悪感』という概念って、何か悪いことをしたから感じる感覚ですよね。でも、心理学で使う『罪悪感』は必ずしも悪いことをしていないのに感じるものもさします。つまり、「自分の存在自体が害であり罪であるという感覚」なんです。
カウンセリング

3年目の浮気をSTOP! 同棲カップルのマンネリを打破する超簡単ラブラブ復活術

人間というのは悲しい生き物で、本当は奇跡のような「有難い」ことが日常的になると、当然あるべきもののように感じられたりするものですよね。愛情というのも割とすぐ日常に埋没しがちで、そんなことから世界中で諸問題が毎日勃発しているワケです(苦笑)
カウンセリング

必死過ぎる女はイタイ!? 自己表現が苦手でも長所をアピールできる2つの心理テク

あなたは自己アピールって上手ですか? 日本人の価値観に「謙遜は美徳」というのがありますよね。「いえいえとんでもない、私なんて…」みたいな。これがぼくらが自己アピール下手である大きな原因の1つだと思います
スポンサードリンク